化粧くずれは崩れ方のレベル別にお直し!メイク直し3つの方法で混合肌でも美肌復活!

混合肌 メイク

崩れにくい化粧下地を使ったりファンデーションを使ったりして、多少の化粧崩れを防げてもやはり午後には崩れ始めてしまう…。そんな混合肌女子も多いはず!

化粧崩れは混合肌女子に限らず、オイリー肌や乾燥肌女子にも起こるもの。

化粧崩れが起こりにくい下地やファンデーションを当サイトでもご紹介していますが、『それでもやっぱり崩れちゃう!』という女性には、くずれレベルに応じた直し方がオススメ

ちょっとした工夫をするだけで、あっという間にメイクアップ完了後の美肌へと戻せることができますよ。

管理人ゆう

美容ライターの私が実際に実践している化粧崩れの治し方について、詳しくご紹介していきます!

 

まずは自分の『メイクくずれレベル』をチェック!

ファンデーションが崩れてしまう最大の要因は、皮脂や汗

小鼻やTゾーンを中心に分泌された皮脂がファンデーションと混ざり合い、時間がたつにつれて化粧崩れが発生してしまいます。

くずれレベルは、大きく分けて3段階。

自分が化粧直しをするタイミングはどの崩れレベルかを見極めることが最初のポイントになります。

 

くずれレベル1:小鼻に皮脂がジワッと浮き出ている

まずはくずれレベル1。

(個人の肌質や、下地、ファンデーションによって差はありますが)ファンデーションを塗ってから1~2時間たつと小鼻のあたりに皮脂がにじみ出てきます

この時、ファンデーションは皮脂によって浮き上がった状態になっています。

 

くずれレベル2:Tゾーンがテカテカ&ギトギト!

レベル1の状態を放置し、さらに2~3時間経過すると、皮脂分泌の盛んなTゾーン(額・鼻筋)がテカテカになってしまいます。

人によっては、ファンデーションが皮脂と混ざり合ってドロドロ…と汚い崩れ方MAXの状態になることも。

 

くずれレベル3:ファンデーションが剥げてムラ&ドロドロ

レベル2の状態がさらに続いたり、汗をたくさんかいたりすると、化粧崩れは顔の広範囲に及んでしまいます。

ドロドロを長時間放置していたところが部分的にはげて、肌がムラっぽい状態に。こうなるとお手上げ!となる女子が多いかもしれませんね。

 

レベル別メイク直しをマスターして完璧なお直しメイクを

混合肌

化粧崩れをレベル別にご紹介しましたが、『分かる分かる!』という方も多かったのではないでしょうか?

私も混合肌の時に一番悩んでいたのは、やっぱり化粧くずれでした。いくら完璧なメイクが出来ても、数時間後にはドロドロ…。

でも、今ではレベルに応じたメイク直しが出来るようになったので、もうメイク崩れは怖くありません。

管理人ゆう

どれもテクいらずの手軽に出来るメイク直しですから、ぜひ実践してみてくださいね!

 

くずれレベル1「皮脂がうっすら」のメイク直し

小鼻に皮脂が少し出てきた程度のくずれレベル1は、ティッシュで皮脂をオフするだけでOK

あぶらとり紙が愛用している人も多いかもしれませんが、ものによっては皮脂を取り過ぎてしまってさらに皮脂分泌を盛んにさせてしまうこともあるので、出来れば肌触りの良いティッシュがベスト。

混合肌女子でTゾーンが特にオイリー肌の人は、あぶらとり紙でOK!

 

まず、ティッシュで顔全体を覆い、ティッシュの上から手のひらで頬や額を軽くおさえましょう

さらに小鼻や鼻筋など、細かい部分を指の腹で押さえれば完了です。

 

擦れるとファンデーションがよれてしまったり、剥がれてしまったりすることがあるので注意!

管理人ゆう

細かい部分の皮脂をティッシュオフするときは、中指や薬指など力が入りにくい指でおさえるのがオススメです。

 

くずれレベル2「テカテカ&ドロドロ状態」のメイク直し

Tゾーン全体がテカテカになってしまったり、ドロドロになってしまった場合はスポンジを用意!

テカテカorドロドロになった部分をスポンジでそっと押さえながらならしていきます。イメージとしては、自分の皮脂で下地を作り直す…という感覚ですね。

 

皮脂を使うなんて!と思う女性も多いかもしれませが、皮脂は天然の化粧下地&保湿剤なんです。

皮脂と崩れたファンデーションを肌の上で混ぜ合わせることで、肌へのフィット感が高まり、さらなる皮脂分泌を抑える効果があるんですよ。

 

皮脂とファンデーションをスポンジでならし終えたら、ティッシュで押さえて余計な皮脂をオフしましょう。

その後、パウダーファンデーションを薄く重ねれば、化粧崩れは完全に消え去りますよ。

管理人ゆう

リキッドファンデーションを使用している人は、フェイスパウダーを重ねてくださいね。

メイク直しに使うスポンジは、リキッドファンデーション用スポンジがオススメ。ドラッグストアに売っているお徳用パックであれば、こまめに取り換えられるので私も愛用しています。

 

普段スポンジを持ち歩いていな人は、指だけで崩れた部分をクルクルなじませてもOK。

私もスポンジを忘れたときや面倒臭い時のメイク直しは、中指で皮脂とファンデーションをクルクルしてから、フェイスパウダーをオン(最近はリキッド派なので)しています。

 

くずれレベル3「大きくメイク崩れしている状態」のメイク直し

出来ればレベル1~2程度で化粧崩れはとどめておきたいものですが、夏場などはどうしても大きな化粧崩れが起こりやすいですよね。

顔全体のファンデーションがところどころムラになって剥がれてしまったレベル3は、乳液を使ったメイク直しを行います。

 

まず、ムラになった部分をコットンに含ませた乳液で拭き取っていきます

乳液を含ませたコットンを中指に挟むようにして持ち、頬やTゾーンなどのムラになったファンデーションを拭きとりましょう。

全部とれるまで、優しく拭いてくださいね。

 

その後、さらに乳液を少量手に取って、ファンデーションを拭き取った部分に少量足し、下地を作ります。

そして、パウダーファンデーションを顔の中心から外側に向けて塗り直したら完了です。

リキッドファンデーションを使っている場合は、フェイスパウダーを重ねるようにしましょう。

管理人ゆう

乳液を持ち歩くのは面倒なので、小分けできる携帯ボトルが便利です。普段使い慣れている乳液でOKですよ。

 

乾燥による化粧崩れはどう防ぐ?

混合肌女子は、夏など汗ばむ季節だけでなく、乾燥する季節は皮膚の水分と油分のバランスが崩れやすくなり、皮脂の分泌が過剰になりがち

それが化粧崩れの原因となる場合もあります。

 

日中、乾燥が気になる…という時は、ミストタイプの化粧水をスプレーして保湿しましょう。そうすることで、皮脂が過剰に分泌されることも防ぐことができるんです。

ただし、スプレーによる保湿はちょっとしたコツが必要。

直接顔をめがけてスプレーしてしまうと、メイクが崩れてしまうことがあるので、必ず顔の前で下から上に向けてスプレーをしてください。

 

上から落ちてきた霧を顔で受け止めるようにすると、メイクを崩すことなく上手に保湿することができます。

私は普段から、アベンヌウォータのミニタイプをバッグに入れて持ち歩いています。

このサイズだとバッグの中でも邪魔にならないですし、さっとメイク直しが出来るのでかなり重宝している定番アイテムです。

 

メイク直しはもちろん、気持ちをリフレッシュするのにも使えるアイテムなので、オススメですよ。

ドラッグストアでも簡単に購入できるので、忘れて何度か買いなおしたことも多々あります…^^;

 

混合肌女子のメイク直し方法まとめ

混合肌女子の最大の悩みとも言える化粧崩れ。今回はレベル別にメイク直しの方法をご紹介してきました。

出来るだけ簡単な方法、かつ完璧にリカバーできる方法ですから、ぜひチャレンジをしてみてくださいね。

 

当サイトでは、混合肌女子にオススメの化粧崩れを最大限に防いでくれるコスメもご紹介しています。

下地&ファンデーションの力でも化粧崩れを防ぎつつ、メイク直しを完璧にマスター出来れば、もう怖いものなし!ですよ。